結婚式の服装には注意点がたくさん!女性にありがちな失敗コーデを紹介

【体系別】パーティードレスの種類や選び方、魅力的に着こなすコツを徹底解説

パーティードレスを選ぶ場合は、カラーだけでなく、デザインや素材などあらゆることが気になるものです。加えて、自分の体形に合ったパーティードレスを選ぶと、より素敵な着こなしが実現する可能性が高いといえるでしょう。この記事では、お悩み別のパーティードレスの選び方や、魅力的に着こなすコツなどについて詳しく解説していきます。

お悩み別選び方【上半身編】

パーティードレスの場合、選ぶ種類によっては肩が露出しているものもあります。そのため、「上半身が目立ってしまう」と気にする人もいるでしょう。ここからは、上半身の悩みを抱える人に適したパーティードレスの選び方について見ていきましょう。

お悩み:バスト(大きい/小さい)

人によって、バストの大きさはまったく異なります。そのため、ドレス選びをする際、胸元のデザインなどは特に気になる要素の一つといえるでしょう。まず、大きいバストの女性の場合は、Vネックになっているドレスを選ぶと、胸元がすっきりとした印象になります。「バストが大きくて胸元から視線を逸らしたい」と考えている場合には、スカートやボトムスが特徴的なデザインのものを選ぶことがポイントです。胸元に華美なアクセントがあるものや、バストを小さく見せようと窮屈に締め上げるようなデザインのパーティードレスは、逆に胸元を目立たせてしまうおそれがあるため、注意が必要です。

また、バストが小さいという悩みがある女性の場合は、胸元の開きが極力少ないデザインのパーティードレスを選ぶと、下着が見える心配はありません。加えて、パットが付いているパーティードレスならバストをカバーしてくれる効果があるため、より安心です。胸元にボリュームやフリル・飾りなどのアクセントがあるものや、襟の部分が詰まっていて体形を拾わないようなデザインのパーティードレスを選ぶと、貧相な印象になる心配もありません。逆に、トップがシンプルすぎるものや大きすぎるVネックのものは、胸元が気になる可能性が高いといえるでしょう。

お悩み:肩幅

パーティードレスのなかには、肩幅が目立つ種類もあります。「肩幅が広い」という悩みがある女性の場合は、ゆったりとした素材のものを選ぶことがポイントです。一例として、とろみ素材のノースリーブドレスにボレロを組み合わせるなどすると、肩幅が強調される心配はありません。肩幅が広いのを隠そうと思って、肩ありドレスやホルターネックなどのパーティードレスを選んでしまうと、逆に上半身が実際よりも大きく見える可能性があります。

また、なで肩の女性の場合は、アメリカンスリーブなど、デコルテの開きが少ないデザインのものを選ぶとよいでしょう。なで肩で悩んでいるのであれば、肩にボリュームがあるものを選ぶと、貧相に見えるのを防ぐ効果があります。逆に、ノースリーブや袖の切りかえしデザインがあるものはなで肩をより強調してしまうおそれがあります。

お悩み:二の腕

二の腕のたるみなどが気になる女性の場合、二の腕部分が隠れるデザインのドレスを探そうとする人がほとんどです。しかし、二の腕を全体的に隠してしまうと、逆に二の腕のたるみが目立ってしまう可能性があります。二の腕が気になるのであれば、たとえば、フレア袖や7分袖、シフォン生地などふんわりとした素材のドレスを選んだうえで、思い切って二の腕を全部出してみると、すっきりとした印象になります。また、日差しが厳しい夏はケープ袖のパーティードレスを選ぶと、紫外線対策にもなるでしょう。二の腕に視線を集中させたくないなら、厚手の生地やパフスリーブのドレスを選ばないように気を付けましょう。

お悩み:顔周り

顔周りが気になるなら、Vラインネックやオフショルダーなど、首とデコルテの部分がすっきりと見えるようなデザインのパーティードレスを選ぶようにしましょう。「顔周りを目立たせたくない」という理由でネックラインが詰まったものを選んでしまうと、逆に顔周りが強調される可能性があります。加えて、ダーク色など、肌色が目立つような色物のドレスを選ぶと、顔周りが大きく見えてしまうおそれがあるので注意しましょう。

お悩み別選び方【下半身編】

自分の体形に合ったパーティードレスを選びたいなら、下半身もすっきりと見せることができるようなものを選ぶことがポイントです。ここからは、下半身のお悩み別におすすめのドレスを紹介していきます。

お悩み:ヒップ(お尻)

パーティードレスを選ぶ際には、「お腹やヒップが強調されるのは嫌」と考える女性は多いでしょう。まず、お腹の部分を目立たせないようにしたいなら、ハイウエスト切り替えで、裾に広がりがあるデザインのスカートを選ぶことがポイントです。シンプルすぎるデザインやウエストマークがないもの、タイトすぎるパーティードレスはぽっこりお腹が目立ってしまう可能性が高いため注意しましょう。また、ヒップが大きいなどの悩みがあるのであれば、フレアスカートやコクーンスカートなど、ボディラインが強調されないデザインのドレスを選ぶ必要があります。ただし、タイトなものやダーク系の色を選ぶと、体のラインがより強調されるため控えるようにしましょう。ヒップの悩みがあるのなら、ハイウエスト切り替えで、色味が濃くないパーティードレスなら、くびれが出てすっきりとした印象になります。

お悩み:脚(太もも・ふくらはぎ)

スカートタイプのパーティードレスを選んだとき、選ぶ種類によっては特に脚の太さが強調されます。太もも・ふくらはぎが太いという悩みを抱えている人の場合は、同時に「足が短い」という悩みを抱えている可能性も高いため、ドレス選びには十分配慮する必要があります。脚の太さが気になるのであれば、シルエットを拾わないようなデザインのパーティードレスを選ぶと脚に視線が集中するのを防ぐとともに、脚長効果が期待できるでしょう。たとえば、フレアスカートやハイウエストドレス、ワイドパンツ、ミディ丈ドレスなどを選ぶと、脚ではなく、上半身やドレス自体に視線が集中するといえます。

お悩み別選び方【全身編】

女性のなかには、特定のパーツではなく、身長など全体的な悩みを抱えている人も少なくありません。ここからは、全身(身長)の悩みと、悩みをカバーするのに適したドレスについて見ていきましょう。

お悩み:ぽっちゃり

全体的にぽっちゃりとした体形の女性の場合は、少しでもすっきりとした見た目になる着こなしを目指しましょう。まず、首・手首・足首の3つの部分をあえて出すようなデザインのパーティードレスを選ぶと、すっきりとしたメリハリのあるスタイルになります。ぽっちゃりとした体形の場合には、ボディラインや全体的なシルエットが強調されすぎないデザインが効果的です。たとえば、フレアワンピースなどを選ぶと、ぽっちゃり体形でも上手くカバーできるでしょう。

続いて、すっきりとした印象に近付くために、ウエストマークがあるパーティードレスを選ぶという方法もあります。ウエストマークがあるドレスを着用するとウエストラインが強調されるため、ずん胴体形のカバーにもなります。一例として、ウエストベルトを用いるのであればハイウエストを意識してベルトを締めると、脚長効果が期待できます。

また、ぽっちゃり体形をカバーするためには、ドレスの色選びも重要です。たとえば、単色でシンプルなデザインのドレスをぽっちゃり体形の女性が着用した場合はすっきりとした印象ではなく、どっしり感が出てしまうおそれがあります。着用したときの重厚感を控えめにしたいなら、ドレス選びの段階で素材やデザインに配慮することによって、ぽっちゃり体形特有の重さを軽減することは十分可能です。

さらに、高身長でぽっちゃり体形という悩みを抱えている場合です。このケースでは、スカート部分にボリュームがあるものや、上半身がすっきりとした印象になるドレスを選ぶようにしましょう。高身長の女性がハイウエスト切り替えのドレスを選んでしまうと、余計に背が高く見える可能性が高いので注意が必要です。

一方、低身長でぽっちゃり体形の女性の場合は、着丈が短めなもので、スピンドルでウエストが調整できるタイプのパーティードレスを選んでみましょう。ウエストの調整ができれば、その分全体的なメリハリが生まれるというメリットがあります。加えて、上半身はできる限りすっきりとしたデザインを意識することがポイントです。低身長でぽっちゃり体形の場合、体形をカバーしたいからといって大きすぎるサイズのドレスを選ばないように気を付けることはとても大切です。たとえば、下半身をカバーする目的でボリュームのあるデザインのバルーンドレスなどを選んでしまうと、かえって下半身が強調されてしまいます。

お悩み:華奢

高身長で華奢な体形の場合は、ミディ丈ラインのパーティードレスを選ぶことがポイントです。高身長の女性の場合、この程度の丈ならひざ丈で着こなせる可能性が高いので、Iラインが強調される心配がありません。加えて、華奢という悩みがある場合は、できるだけボディラインを拾わない素材・フレアなどのデザインのものを選ぶことがポイントです。自身の身長に合わせて着丈が長めのパーティードレスを選んでしまうと、全体的にぶかぶかな見た目になることがあります。

一方、低身長かつ華奢な女性の場合は、着丈は短めでウエストマークができるドレスを選ぶと、脚長効果が生まれて全体的にすっきりとした印象になります。低身長の場合は、ロングドレスなど引きずるような丈のドレスではなく、ミディ丈を選ぶことがポイントです。ミディ丈のパーティードレスなら、重たすぎる雰囲気になるのを防ぐ効果があります。パーティードレスを選ぶ際には、パーツごとに太っている、または痩せているという点ばかりに目が行きがちですが、身長によって選ぶべきドレスも変わってくるといえるでしょう。

自分に合ったドレス選びでもっと魅力的なあなたに!

パーティードレスは着用するシーンが限られているため、その都度自分に合ったドレス選びを行うことが大切です。マルイのレンタルドレスの「ドレニ」では、サイズやデザイン展開が豊富なので、自分に合ったドレス選びがしやすいというメリットがあります。パーティードレス選びの際にはドレニを利用して、より魅力的な着こなしを目指しましょう。

Categoryカテゴリー