結婚式にはどんな靴を履いていくのが正解?ドレスに合わせるコツも紹介!

結婚式にはどんな靴を履いていくのが正解?ドレスに合わせるコツも紹介!

結婚式などの冠婚葬祭に参加する際には守らなければならないマナーがあり、服装についてもマナーが重視されます。そのため、普段とは異なる服装にどのような靴を合わせればよいか、悩む人は少なくないでしょう。この記事では結婚式にふさわしい靴とふさわしくない靴の違いや、靴をドレスに合わせる際のポイントなどについて紹介していきます。

結婚式の靴に関するマナー

結婚式の服装は、式が行われる時間帯や場所によって変えなければなりません。ただし、それは条件に左右されない基本的なマナーを守ったうえでのことです。ここでは、結婚式に履く靴を選ぶ際に守らなければならない基本マナーについて解説します。

なるべくヒールのパンプスを選ぶ

結婚式に参列する際は、なるべくヒールのあるパンプスを選びましょう。ヒールの細さと高さがフォーマルな靴選びでは重要なポイントになります。結婚式では装いがフォーマルになるので、靴もドレスの格式に合わせることが大事です。ヒールが太いとカジュアルな印象になってしまうので、なるべくヒールが細めの上品なパンプスを合わせるようにしましょう。ヒールの高い靴を履くとふくらはぎの位置が上がり、脚のラインが美しく見えます。ドレスの裾から覗く脚を美しく見せるためには、ヒールの高さが少なくとも3cm以上あるものを選ぶのが理想です。

ただし、ヒールの細さや高さは必須条件ではありません。妊娠中の人やヒールが苦手な人、背の高さにコンプレックスを感じている人などは無理しなくても大丈夫です。ローヒールであっても、パーティー用の華やかなデザインのものはあります。場にふさわしいデザインの靴を選べば、かかとが多少低くても失礼にはなりません。普段ヒールの高い靴を履きなれていないのであれば、甲の部分にストラップが付いているものを選ぶと安心です。足がしっかりホールドされるので楽に歩けます。

オープントゥは避ける

結婚式では、つま先が見えるオープントゥの靴は避けるのがマナーです。いくらヒールが細く高さがあるものでも、つま先が見えてしまうとそれだけでカジュアルな装いになってしまいます。また、「つま先」は「妻先」と読み替えることができ、「妻が先立つ」ことを連想させてしまうため、オープントゥは結婚式にふさわしくありません。結婚式のようなおめでたい席では嫌われる忌み言葉を避けるのもマナーのひとつです。せっかくのおしゃれがマナー違反にならないように注意しましょう。

見えるのがつま先ではなく、かかとなら基本的には履いても大丈夫です。ただし、バックストラップの靴も、デザインによってはカジュアルなサンダルとみなされてしまいます。フォーマルな式場や、格式の高い服に合わせるのはやめた方がよいでしょう。目上の人が多く集まる式の場合も避けるのが無難です。ただし、カジュアルな雰囲気の式や二次会などであれば、オープントゥの靴が許容範囲となることもあり得ます。その場合でも、参列者の顔触れや年齢層、式場の格式などを考えて選ぶことが重要です。

必ずストッキングを履く

結婚式のようなフォーマルな席で生足は厳禁です。靴を履くときには必ずストッキングを着用しましょう。結婚式に着用するフォーマルな服装と合わせるストッキングには決まりがあり、肌の色に近いベージュ系のストッキングが基本です。カラータイツや網タイツなどはカジュアルになりすぎるので避けます。黒のストッキングもおめでたい席には合いません。喪服を連想させて縁起が悪いので、結婚式で黒のストッキングを履くのはやめておきましょう。

なお、ストッキングとタイツの境界線となるのは30デニールです。30デニールを超えると、透明感やツヤが失われカジュアル感が出てしまいます。ワンポイントが入ったものやラメ入りのものを履くなら、立場や会場の格式を確認しましょう。親族や上司という立場なら、無地のストッキングを選ぶのが無難です。ホテルでの挙式や神前式の場合も無地のストッキングが良いでしょう。友人という立場で披露宴に参加するなら、微細にラメを施したものや、足首に小さなワンポイントが施されたものでもかまいません。ただし、あくまでも上品に見えるということが大前提です。

結婚式にふさわしくない靴

どのような靴が結婚式にふさわしいかを説明するためには、どのような靴がふさわしくないかを説明した方がよいかもしれません。少なくともふさわしくない靴を避ければ、大きなマナー違反をしてしまうことは避けられます。まず、絶対に避けなければならないものはミュールやサンダルなどつま先が見える靴です。いくらデザインがドレッシーで、パーティードレスに合うものでも、結婚式という席では避ける必要があります。先の段落で述べた通り、妻が先立つという意味につながってしまうからです。

レオパード柄やパイソン柄などのアニマル柄も、殺生を連想させるため、結婚式では着用を避けましょう。ただし、本革やスエードは例外です。動物素材ですが、男性ゲストは革靴を履きますし、女性の靴の素材としても認められています。ブーツやスニーカーなど日常的に履く靴も、フォーマルの場では履かないようにしましょう。なお、花嫁の色として白のドレスは着用を避けるようにいわれますが、靴などの小物は白を取り入れても問題ありません。

ドレスに合った靴を選ぶポイント

ここまで、結婚式に履く靴の基本的なマナーと、選んではいけない靴の特徴について見てきました。ここからは、具体的に注意すべき点を押さえていきましょう。ドレスに合った靴を選ぶときのポイントを2つ紹介します。

ドレスと靴の濃淡を合わせる

ドレスに合った靴を選ぶ際のポイントとして、まず覚えておきたいのが、ドレスと靴の濃淡を合わせるという点です。たとえば、ドレス1枚を着こなすコーディネートなら、面積の大きいドレスの色味を考慮したうえで、靴やバッグなど小物の濃淡も合わせるようにします。たとえば、ドレスの色がモスグリーンやパープルなどの重めの色味なら、靴もブラック系の重めの色を、ドレスがミントグリーンやピンクなどの軽めの色味なら靴もベージュやシルバーなど軽めの色を合わせるのが基本です。ドレスと靴の色味や濃淡を合わせることで、春らしさや秋らしさなど、季節感も表現しやすくなります。

ただし、ドレスの色がブラックやネイビーの場合は例外です。靴までダークな色味にしてしまうと、葬儀を連想させてしまうのでお祝いの席には合いません。あえて靴の色をベージュやゴールドなどにして、華やかさを添えるようにすると良いでしょう。いずれにせよ、コーディネートする際には、全身を鏡に映して、色味のバランスが取れているか確認することが大事です。一部分だけ浮いて見えたり、逆に単調に見えたりするなら、バランスを見直しましょう。

バイカラーのドレスなら靴はボトムスの色に合わせる

結婚式では、トップスとスカートの色が異なるバイカラーのドレスを着ることもあるでしょう。その場合、トップスとボトムスで色味の濃淡が異なると、靴の色をどちらに合わせればよいか迷うかもしれません。その場合は、小物の近くにある方の色に合わせるようにすると良いでしょう。ドレスが2色に分かれている場合、小物の色は近くにある色に合わせれば、浮き出て見えずすっきりと収まります。靴ならスカートなどボトムスが近くにあるので、ボトムスの色に合わせるようにするのが基本です。例えば、スカートの色が光沢のあるベージュピンクなら、ゴールドやシルバーなど光沢があり淡い色の靴と合わせます。スカートが黒なら靴も黒にすると良いでしょう。

ドレスがバイカラーの場合、面積の広いドレスの部分だけで2色使ってしまっている状態です。もし、小物にも別の色を使ってしまうと、色の数が多くなり、収まりが悪くなってしまいます。ごちゃごちゃした雰囲気にしたくなければ、色を増やしすぎない引き算のコーデを意識しましょう。小物の色は、ドレスの色のどちらに合わせても問題ありませんが、靴は近くにあるボトムスの色に合わせることでバランスがよくなります。

結婚式におすすめの靴のデザイン

結婚式では、基本的に肌色のストッキングを履きます。ストッキングを履いた足の色となじみの良いベージュのパンプスを1足持っておくと良いでしょう。どんな色味のドレスとも相性が良いので、色合わせで苦労することがありません。ネイビーやボルドーなど濃い色味のドレスから、ブルーやピンク系の淡い色味のドレスまで、1足でカバーできるので重宝します。ベージュ以外なら、ラメ入りのシルバーのパンプスも良いでしょう。光沢のある生地のドレスとよく合います。

デザイン的には、ドレスのデザインに左右されにくいシンプルなものがおすすめです。足首や甲の部分にストラップが付いていると、安定感があるうえに、足を華奢に見せる効果も期待できます。ドレスのデザインがシンプルなら、バックリボンやビジューなど華やかな装飾が施されているものを選んでも良いでしょう。ドレスアップ度が上がり、お祝いの席にふさわしい特別感が出ます。

結婚式に持っていくと便利なアイテム

結婚式でドレスに合わせるフォーマルな靴は、普段あまり履く機会がありません。場合によっては、当日初めて履くということもあるでしょう。ヒールが高く細い靴は、普段から履いていないとかなり歩きにくいものです。無理して歩き続けることによって、靴擦れを起こすこともあり得ます。万が一に備えて、靴擦れ防止のインソールや、靴擦れしたときの絆創膏なども用意しておくと安心です。

ドレスに合わせるフォーマルな靴を家から履いていく必要はありません。会場までは履きなれた靴を履いていき、会場で履き替えるようにすればトラブルを防げます。その場合、靴の履き替えは、更衣室などで行います。ロビーや待合室で履き替えてはいけません。ストッキングが伝線したときに備えて、予備のストッキングを準備することも忘れないようにしましょう。

結婚式の靴はドレスに合わせて選ぼう

結婚式に履いていく靴を選ぶときは、基本的なマナーを守ることが大事です。少なくとも、つま先が見える靴やアニマル柄の靴は避けるようにしましょう。そのうえで、ドレスの色やデザインとのバランスを見て、靴の色やデザインを選びます。鏡の前で全身のコーディネートを確認しながら、スッキリと収まるように色味や濃淡を合わせましょう。

Categoryカテゴリー