結婚式コーデをおしゃれに見せるには?重要なポイントを2つ紹介!

結婚式コーデをおしゃれに見せるには?重要なポイントを2つ紹介!

結婚式は、新郎新婦の船出になる大きな節目です。そのため、新郎新婦はもちろんのこと、結婚式に出席するゲストにとっても特別な日になります。出席に際して、ゲストとしてのマナーをわきまえるのは言うまでもありません。そのうえで、可能な限り自分を魅力的に見せたいと願う女性も多いのではないでしょうか。この記事では、結婚式コーデで重要なポイントとなる季節感と小物使いについて説明していきます。

結婚式コーデでおしゃれに見せる2つのポイント

ここでは、結婚式コーデでおしゃれに見せる2つのポイント「季節感」と「小物使い」、それぞれについて説明しましょう。

#季節感

冷暖房完備の施設が多い現在、暑い日や寒い日でも建物内では快適に過ごせます。そのため、お出掛けの服装まで気にしない人もいるでしょう。しかし、その季節に合わない服装を着るのは望ましいとはいえません。不特定多数の人が出入りする場所ならともかく、そうでない場所へ行くときは服装にも注意を払う必要があります。もし、季節感が合っていないコーデで結婚式に出席すると、その場で浮いてしまうからです。やはり、その季節に合わせた色味や素材を選ぶことが大前提と言えるでしょう。さらに、トレンド感やファッション性を押さえたうえで、こなれた印象にすることが、おしゃれに見せる大事なポイントです。

#小物使い

結婚式に着ていく服装は、ほかのゲストと被りやすいことが考えられます。しかし、定番アイテムを着ていく場合でも、小物を上手にアレンジすることで、おしゃれ度をワンランクアップさせることが可能です。そのためには、着ていく服を決めたうえで、その色味に合う小物をうまく活用しましょう。ちなみに「小物」とは、アクセサリーやバッグ、靴などを意味します。服装をコーデするときは、それらの小物も含め、全体をバランスよくまとめることも大事なポイントになります。

季節ごとにふさわしい結婚式コーデのポイント

結婚式でおしゃれに見せるためには、やはり季節感を意識することが重要です。この段落では、季節ごとにふさわしい結婚式コーデのポイントについて説明していきましょう。

春の結婚式

春は進学や就職の時期でもあり、新しい旅立ちに適した季節です。また、春になると明るく暖かい日が増えるため、結婚式も多い季節と言えるでしょう。春らしい色といえば、やはり「ピンク」です。華やかで明るい色味なので、結婚する新郎新婦を祝福する気持ちのアピールにもつながります。

ただし、ピンクは甘い色であり、年齢によっては抵抗を感じるかもしれません。そのため、30代からは違和感なく着こなせる工夫が必要になってきます。ピンクの服装にするときは、鮮やかすぎる色ではなく、くすんだ色を選ぶのも一案です。また、タイトなシルエットにして大人の女性を演出するのもよいでしょう。小物との組み合わせによっては、イメージがガラッと変わってきます。大人の女性をアピールするために「黒」を選ぶのも一案です。黒いジャケットを羽織るとピンクの甘さを抑えられます。その場合、全体のバランスを考えて、バッグや靴も黒で統一しましょう。

春の結婚式には、ピンク以外の色を選ぶ方法もあります。春の景色や草木をイメージした淡いブルー、さらに、グリーンなどのパステルカラーも春におすすめの色です。ベージュのように白に近い色を選ぶときは、ほかの色の小物を選びましょう。そのうえで、ドレスの丈選びも考えたいところです。あまり足を見せたくない人は、長めの丈を候補に入れるとよいかもしれません。

夏の結婚式

夏は、アクティブな気持ちになれる躍動感あふれる季節です。しかし、暑い時期でもあるので、暑さを感じさせない色選びが大切です。そのためには、見た目の爽やかさを重視すると垢ぬけた印象になります。鮮やかなブルーやグリーンなど、発色のよい寒色系カラーは夏の結婚式にふさわしいと言えるでしょう。また、見た目の爽やかさだけでなく、素材選びも考える必要があります。長時間の参列に備えるためには、風通しのよい涼しい素材を意識しましょう。透け感のあるレース素材も夏の結婚式向けです。

ただし、結婚式では露出過多な服装を避ける必要があります。これは、夏の結婚式でも例外ではありません。たとえば、ノースリーブワンピースを着ると、肩が出てしまうことが懸念されます。やはり、肩出しも基本的には避けるべきです。もちろん、胸元が開きすぎるドレス、ミニ丈ドレスなども控えましょう。さらに、素足にミュールを履いたり、つま先の見える靴などを履いたりするのもマナー違反になります。

肩の露出を控えるために、フレンチスリーブのデザインを選ぶほか、薄手のボレロやストールなどで調整するとよいでしょう。なお、夜の披露宴や二次会では肩出し可能な場合もあります。服装選びで迷わないためにも、自分が出席する時間帯や場所などについて、しっかり確認することが大切です。

秋の結婚式

秋は実りの季節であり、青々した木々がさまざまな色へと変化を遂げる時期でもあります。秋の結婚式では、この季節にふさわしい落ち着いた深みのあるカラーがおすすめです。グリーンやネイビー、ボルドーなどは秋らしい色と言えます。服装を選ぶときは、長袖やロング丈など、デザインにもこだわりましょう。

秋の結婚式では、パンツスタイルにするのも一案です。結婚式にはワンピースが定番のイメージがありますが、個性的なパンツスタイルを選ぶとワンランク上のおしゃれにもなります。セットアップのパンツスタイルや、オールインワンなどのパンツドレスで決めてもよいでしょう。

パンツスタイルにはカジュアルな印象が少なくありません。しかし、総レース素材にしたり、柔らかく見えるベージュを選んだりすることで、女性らしい雰囲気を醸し出すのに一役買います。また、膝下を出すのに抵抗を持つ40代からの女性にも、パンツスタイルはおすすめしたい大人コーデです。

冬の結婚式

冬は気温がぐんと下がる季節であり、結婚式に出席するときは寒さ対策が必要です。そのため、マナーを意識しながらも、屋外でのイベントにも耐えられるように準備しておきましょう。服装選びに際しては、首回りを温めるデザインや、長袖を選ぶことなども大きなポイントです。

このような理由もあり、黒のハイネック長袖ワンピースはおすすめです。フォーマルな雰囲気が醸し出せるだけでなく、首元まで温かいため、まさに「一石二鳥」と言えるでしょう。また、丈がたっぷりと長く、ボリューム感のあるスカートは温かく重厚感もあるので、冬の結婚式には理想的な服装です。防寒対策のためには、素材選びも考えましょう。おすすめの素材の一つにベロアがあります。こちらの素材は温かいだけでなく、高級感もあるため、お祝いの席にはふさわしい特別感を演出するのに役立ちます。

一方、結婚式では「殺生」を連想させるアイテムは避けなければなりません。アニマル柄は代表的存在です。もし、防寒対策としてファーの羽織物などを着ていくときは、受付などで預けることがマナーだと心得ておきましょう。また、冬場ではコートを着ることが多いですが、カジュアルすぎると違和感が出てきます。それを避けるためにも、上質な素材感でシンプルなデザインのコートを選ぶとよいでしょう。

定番アイテムの着こなしを引き立てる小物使い

結婚式コーデをおしゃれに見せるためには「小物使い」も大事なポイントです。ここからは、2つ目のポイントである小物使いについて、定番アイテムごとのアレンジ方法を説明していきます。

黒ワンピースの場合

結婚式に着ていく服装として、黒ワンピースを選ぶ方法があります。こちらの色は定番カラーであり、着やせ効果も高いことでも注目されています。そのため、コーディネート次第ではどのようなシーンでも使える、まさに万能アイテムと言えるでしょう。また、黒は親族の服装としても友人の服装としても無難な色です。自分に似合うシンプルな黒いワンピースを1枚持っておくと、さまざまな場面で使えるので重宝します。

ただし、上から下まですべてを真っ黒にしてしまうのはよくありません。黒で統一すると重くなるため、お祝いの席には不向きだからです。そうならないためには、華やかに見せる演出が必要になります。黒ワンピースを着るときは、白やベージュなどの明るい色のボレロやバッグ、パールネックレスなどと合わせるとよいでしょう。バッグやパンプスをレース素材にするのもよいかもしれません。癖の強い濃厚な赤やゴールドのバッグ・パンプスなどはコーデが難しいイメージがあるかもしれませんが、黒ワンピースとのバランスが取りやすいカラーです。さらに、女性らしさのプラスにも役立つでしょう。

もちろん、デザインや素材によっては、黒ワンピースそのものを華やかにすることが可能です。たとえば、袖や胸元部分がレースになったデザインや、適度に透け感のある素材を選ぶことで軽い印象になります。結婚式では座っている時間が長いのが一般的です。そのため、上半身のデザインを意識してワンピースを選ぶことも大事なポイントです。

ネイビーワンピースの場合

結婚式の服装には、ネイビーワンピースを選ぶのもよいでしょう。ネイビーワンピースは黒ワンピースよりも華やかで、淡い色よりも着やせ効果も期待できます。このような優秀アイテムという点もあり、ネイビーワンピースが人気になっています。また、落ち着いた上品なイメージも強く、年齢問わず誰でも挑戦しやすい色です。結婚式以外のシーンでも活用できるので、持っておくと役立つことが多いでしょう。ただし、ネイビーワンピースは地味な印象にもなりやすいため、その点には注意が必要です。さらに、人気カラーのため、ほかの出席者と同じような服装になる可能性もでてきます。

ネイビーワンピースを選ぶときは、人気カラーならではの特徴を把握することが大切です。いろいろな色と合わせやすいため、そのメリットを最大限活用しましょう。小物には、シルバーやベージュ、ブラックなどがおすすめです。ただし、羽織物、バッグ、パンプスのすべてを同じ色でまとめるのはよくありません。それらのうち、いずれか2つを同じ色にするのがおしゃれに見せるコツです。

小物との組み合わせによって、ガラリと雰囲気を変えられるのも、ネイビーが持つ魅力です。ベージュ系のジャケットとパンプスを合わせると清楚な印象に、ブラック系との組み合わせならシックにまとめられます。

赤ワンピースの場合

結婚式に着ていく服装として、赤ワンピースを選ぶのも一案です。こちらは、1枚で着るだけでも十分華やかな印象になります。また、女性らしさを引き立ててくれるため、結婚式でも人気の色と言われています。ただし、当日の主役は新婦なので、自分が目立たないように心掛けなければなりません。お色直しで新婦が赤を着る可能性もあるため、事前に確認しておきましょう。

赤にもいろいろな色があります。目立つのが気になるのなら、深みのある落ち着いたボルドーを選ぶのもおすすめです。こちらの色は、30代や40代の女性の間でも人気があります。また、ボルドーを選ぶことで、華やかさを残しながら、派手な印象を抑えるために役立ちます。一方、主張の強い赤ドレスを着るときは、小物を控えめにすることが大事なポイントです。シンプルなアクセサリーやコサージュにしたり、バッグや小物の色を黒や白にしたりして、全体のトーンを落ち着かせるとよいでしょう。

パンツスタイルの場合

結婚式に出席するとき、ロングドレスやワンピースではなく、パンツスタイルを選ぶ女性も増えています。パンツスタイルはワンピースよりも縦ラインが強調されるため、スタイルアップを狙うことが可能です。また、ドレスなどのような華やかさはないかもしれませんが、アレンジ次第ではパーティー感を出すことができます。さらに、女性らしさの演出にも役立つでしょう。

そのためには、パンツスタイルの選び方がカギを握ります。その一つが、レースブラウスにテーパードパンツを組み合わせる方法です。さらに、パールのネックレスを着けて、ブラウスの華やかさを強調するとよいでしょう。一方、同じような素材で統一するのも一案です。たとえば、光沢感のあるサテン素材のオールインワンと光沢のあるバッグ、両方を組み合わせることで上品に見せられます。

最近では、パーティー用にデザインされ、1枚でも華やかなディテールやカラーのパンツドレスも増えています。それらのなかから、自分の好みに合わせて選ぶとよいでしょう。また、スタイルアップを期待するなら高めのヒール靴がおすすめです。

ポイントを押さえた結婚式コーデで周りと差をつけよう!

結婚式のコーデをするときは、季節感と巧みな小物使いがポイントになります。ただし、いつも決まった季節に呼ばれるとは限りません。また、同じアレンジで出席するわけにもいかないでしょう。とはいえ、結婚式のたびに服装を新調するのは大変です。結婚式に出席するときは、季節に合ったコーデや手持ちアイテムに合う小物をレンタルできる「DRENi」の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

Categoryカテゴリー