結婚式ご親族向けおすすめレンタルドレス特集

大切なご家族やご親戚の結婚式だと、服装もいつも以上に悩んでしまいますよね。新郎新婦の親族としてご参列するときに覚えておきたい服装についてのマナーや、立場別のドレス選びのポイントをお伝えします。

親族のドレスの選び方

母親

■相手方のお母様と雰囲気を合わせた服装選びをする

結婚式や披露宴では両家が並ぶシーンが多いので、親族のまとまり感を出すためにも相手方のお母様に合わせて服装を選ぶこともポイントです。

■式場の雰囲気や新郎新婦の意向に沿ってドレスを選ぶ

最近では、カジュアルな雰囲気のレストランウェディングや人前式も大人気。堅苦しくなりすぎない華やかな結婚式を望む新郎新婦もいるので、新郎新婦のイメージするお式に合った服装を選ぶことも大切です。

<セミフォーマルの場合>

準礼服といわれるセミフォーマルのドレスを選ぶ時にも、着物でいう黒留袖と同じように「黒」が一般的です。もちろん会場の雰囲気や新郎新婦の意向によっては、ネイビーやグレーベージュなどのお色でも大丈夫な場合もあります。セミフォーマルでは、くるぶしが隠れるロング丈のドレスでなくても大丈夫ですが、露出を控えるために必ず膝が隠れる丈のドレスを選びましょう。暗めの色のドレスを選ぶ場合には、お祝いの気持ちが出るように、明るい色のジャケットを羽織ったり、コサージュを付けたりすると素敵です。

姉妹

■清楚で上品なドレスを選ぶ

親族は新郎新婦と共にゲストをおもてなしする立場にあたるので、良い印象になるよう露出を控えた上品なドレスを選びましょう。

■自身の年齢に合ったデザインのドレスを選ぶ

親族席は暗い色の服を着られる方が多いので、10代や20代前半であれば、お式の雰囲気に合わせて華やかな色のドレスを選んでも問題ありません。結婚式の主役は花嫁なので、花嫁がお色直しで着るドレスの色を事前に知っている場合は、被らないように配慮しましょう。姉として出席する場合や、20代後半以降の場合は、落ち着いたカラーで上品なデザインがおすすめです。派手すぎると親族席で浮いてしまう可能性がありますが、親族で並んだ時に暗くなりすぎないよう深いグリーンやネイビーの色を選んだり、ラメやレースなどで華やかさがあるドレスがおすすめです。

叔母

■落ちつた上品なドレスを選ぶ

デザイン性のある黒やネイビーの上品なドレスがおすすめです。

■暗くなりすぎないように小物で華やかさをプラスする

あまり目立たないように意識しすぎてしまうと暗い印象になってしまうことも多いので、小物やアクセサーにで華やかさを出しましょう。

お客様の声

親族席が全員黒いドレスだった

あまり目立たないように黒いドレスを選んだら、親族のほとんどが黒やネイビーのドレスを着ていて、写真を撮った時に暗い雰囲気になってしまった。グリーンやグレーなどの色を取り入れたドレスをえらんでおけばよかった。

自分側の親族だけ華やかすぎた

カジュアルな雰囲気の式にしたくて、両家の母親に洋服でお願いしたら、両家の華やかさにばらつきが出てしまった。

一緒に試着をしてよかった

両家の母で一緒にドレス選びをしたので、お互いの雰囲気が事前に分かり、当日までも不安なく準備がすすめられた。

親族ドレスについてのよくある質問

正礼装のドレスはありますか?

DRENiでは、正礼装のドレスのご用意はございません。カジュアルな雰囲気のお式におすすめな準礼服として着ていけるドレスのご用意はございますので、お気軽にお問合せ下さい。

母親のドレスは黒じゃなきゃダメ?

お式の雰囲気によっては黒でなくても大丈夫な場合があります。両家で華やかさが同じになるよう配慮した上で、新郎新婦に事前に相談をして決めるのが良いと思います。

未成年の妹でも露出の多いドレスはNG?

妹として出席する場合や、まだ歳が若い場合は最低限のマナーを考慮したうえでお好きなものを着るのが良いと思います。ノースリーブのドレスを選ぶ場合は、お式の時は羽織で肩を隠すなどの工夫をしましょう。

相手のお母様が着物の場合は自身も着物を着ないといけないの?

両家で雰囲気があっていればドレスでもOKです。相手方のお母様が着物の場合には、シンプルで長めの丈のワンピースにジャケットを羽織るなど少しフォーマルを意識してドレス選びをすると、両家で並んだ時の雰囲気に統一感がでます。

ドレス選びをお手伝いします