ファッション通販マルイウェブチャネル  >  コラムからさがす  >  旅行の日数に合わせればOK♪失敗しないスーツケースの選び方

前のページへ

旅行の日数に合わせればOK♪失敗しないスーツケースの選び方

BY マルイ編集部

最終更新日:2022/05/06

旅の時間を快適に過ごすためには、スーツケース選びがとても大切です。スーツケースには色々な種類やサイズがあります。自分の用途に合わないスーツケースを選んでしまうと、せっかくの楽しいひとときが台無しになることも。スーツケース選びに必要な基礎知識を知っておけば、賢く最適なタイプのアイテムを選ぶことができます。この記事ではスーツケース選びに必要な情報をわかりやすく解説していきます。キャスターや機能に注目しながら、自分の用途に合ったスーツケースをみつけましょう。マルイウェブチャネルで購入できる、おすすめの商品も紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

1.旅行の日数はサイズ選び最大のポイント!

コンパクトなものから大容量なタイプまで、サイズが豊富にあるため、スーツケースの大きさ選びに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

スーツケースのサイズを選ぶときは、宿泊数を目安にするのが良いでしょう。ここでは3パターンの宿泊数別に、サイズ選びのポイントを解説していきます。

1-1 スーツケースの容量は1泊10Lが目安

まず、スーツケースの容量は1泊10Lが目安です。ただし、寒い地域への旅行やお土産をたくさん購入したい場合は、10Lより余裕をもった容量があると安心です。

スーツケースのサイズは「高さ×横幅×奥行(㎝)」で表示されています。機内持ち込みや無料受託手荷物の利用する際は、総外サイズなどに規定が設けられているので、必ず確認をしましょう。総外サイズは総外寸と表記されることもあり、キャスターやハンドルなどスーツケースの突起部分も含んだ全体の大きさを指します。

一般的な機内持ち込み適合サイズは、以下のとおりです。ただし、航空会社によって規定が異なるので、あくまで参考値となります。

国際線:三辺計が115cm以内 重量10kg以内(W55×H40×D25cm)
国内線:三辺計が115cm以内 重量10kg以内(W55×H40×D25cm)※100席以上の機種に限る

1-2 1~3泊なら機内持ち込みサイズが便利

短期の旅行や出張なら機内持ち込みサイズがおすすめです。面倒な受託手荷物の手続きも必要なく、着陸後スムーズに到着ロビーまで進むことができます。コンパクトなスーツケースは機動力に優れていて、扱いやすい点も魅力です。

このサイズの商品は「キャビンサイズ」と表記されていることもあります。身軽な旅行、ビジネスには30L以下のスーツケースを検討してみましょう。

1-3 4~6泊なら容量50LくらいのMサイズがおすすめ

4~5泊なら容量50Lくらいをサイズを目安に選びましょう。一般的にMサイズとされるスーツケースが、容量50L程度にあたります。比較的短めの海外旅行で活躍するサイズとなっており、帰省や合宿といった荷物が増えやすい国内の移動にも使えて便利です。

電車やバスを多く利用する場合は、なるべく軽量なタイプを探しましょう。容量が多くなり、入る荷物の量が増えるので、仕分けられる収納機能などがあるとさらに使いやすくなります。

1-4 1週間以上なら80L以上の大容量タイプが必要

1週間以上の長期の宿泊なら80L以上のスーツケースが必要です。一般的にLサイズとされる大きさで、耐久性や走行機能などを重視することがポイントとなります。

80L以上のスーツケースは大容量なので、できるだけ軽量素材のタイプを選ぶと良いでしょう。また、無料預かりの規定外となることもあるので、サイズは細かくチェックしておきましょう。

2.スーツケースのタイプで選ぶのもおすすめ

スーツケースにはソフトタイプとハードタイプの2種類があります。それぞれの性質を自分の用途に照らしあわせてスーツケースを選ぶのもひとつの方法です。

2-1 ソフトタイプのスーツケース

ソフトタイプのスーツケースは、外側の素材にナイロンやポリエステルなどの布を使っています。メリットとしては、軽量で扱いやすい点、柔軟性があるため詰め込みやすい点があげられます。車移動がメインになる人やコンパクトなタイプのスーツケースを探している人には、ソフトタイプが向いています。

このアイテムの一覧はこちら

2-2 ハードタイプのスーツケース

ハードタイプのスーツケースは、外側にABS樹脂や軽量アルミ合金などのかたい素材を使用しています。メリットとしては、耐久性や耐水性に優れている点があげられます。外側からの衝撃に強く、密封性が高く水漏れにも強いので、雨の多い地域への旅行でも安心して使えます。

このアイテムの一覧はこちら

3.キャスターの種類も重要なポイント

キャスターには、4輪自在キャスターと2輪キャスターの2種類があります。キャスターによって走行感が変わるので、スーツケースを選ぶときはキャスターの種類も重要なポイントの1つとなります。

3-1 4輪自在キャスター

4輪自在キャスターは、前後4輪が360度自在に動くキャスターです。急な方向転換にも対応できて、荷物が重くても安定走行が可能。特に大きめサイズのスーツケースは、4輪自在キャスターがおすすめです。

3-2 2輪キャスター

2輪キャスターは、スライドハンドルがついている側で走行するタイプのキャスターです。スーツケースを傾けて移動することができ、小さめサイズに多く使用されているタイプとなっています。小回りは利きませんが、バッグから手を離しても反対側がストッパーとなり転がっていくこともありません。

4.マルイウェブチャネルで購入できるおすすめのスーツケースをご紹介!

ここからは、マルイウェブチャネルで購入できるおすすめのスーツケースを6つ紹介します。商品サイズ、容量、素材やそれぞれの特長をまとめているので、用途に合った商品を探してみましょう。

4-1 折りたためるソフトタイプのキャリーケース

折りたためるコンパクトなスーツケースを探している人には、ハピタス(HAPITAS)の折りたたみソフトキャリーHAPITAS29Lがおすすめです。

軽量のソフトタイプのキャリーケースで、短期の旅行や日常使いにもぴったり。一般的な機内持ち込みサイズには対応しているので、身軽に旅行を楽しむことができるでしょう。豊富なカラーバリエーションは、なんと驚きの21種類!お気に入りのデザインがないか、ぜひチェックしてみてください。

折りたたみソフトキャリーHAPITAS29L/ハピタス

商品サイズ(外寸):H55×W33×D18cm 約880g 容量:約29L 素材:【本体】ポリエステル【付属】スチール、プラスチック

この商品の詳細はこちらこのブランド×アイテムの一覧はこちら

4-2 ミニケースが付いたハードタイプのスーツケース

シフレ(siffler)のスーツケースLUNALUX43Lは、ミニケースが付いたハードタイプの商品です。付属のミニケースはスーツケースの上にセットしても、肩掛けカバンのようにコーディネートしてもキュート!

グラデーションカラーが個性的で、人目を惹くデザインとなっています。受託手荷物の受け取りや団体旅行のときにも、すぐに見つけることができて安心です。短期の旅行にちょうど良いサイズ感のスーツケースです。

スーツケースLUNALUX43L/シフレ

商品サイズ(外寸):H61×W43×D23cm 素材:ABS樹脂+ポリカーボネイト

この商品の詳細はこちらこのブランド×アイテムの一覧はこちら

4-3 ストッパー付きハードタイプのスーツケース

MILESTO UTILITY フロントポケットキャリー 50L ストッパー付は、ビジネスとプライベートどちらでも使えるシンプルなデザインのスーツケースです。

3~4泊くらいの旅行に最適なサイズで、小分けポケットが充実していて収納しやすい点も特長となっています。フロントオープンなので、ホテルや空港などの狭いところでも簡単に出し入れできます。ストッパー付きなので、どんな場所でも安心して使えます。

MILESTO UTILITY フロントポケットキャリー 50L ストッパー付/ミレスト

商品サイズ(外寸):H62×W46×D27.5cm 容量:50L 素材:【本体】ポリカーボネート、ABS樹脂、【内装】ポリエステル

この商品の詳細はこちらこのブランド×アイテムの一覧はこちら

4-4 トランクを彷彿させるハードタイプのスーツケース

高級感のあるデザインが魅力的なジュエルナローズ(JewelnaRose)のエステル・スーツケース 47リットル 05567は、3~4泊くらいの旅行におすすめのサイズです。トランクのようなクラシカルなデザインで、旅に彩りを加えてくれるようなおしゃれなアイテムとなっています。

耐久性に優れたハードタイプで、コーナーガードやハンドルには牛革を使用した、こだわりのスーツケースです。使えば使うほど味わいが増していくので、旅の思い出を刻んでいきましょう。

エステル・スーツケース 47リットル/ジュエルナローズ

商品サイズ(外寸):H64X W44 X D23 容量:47L 素材:ポリカーボネート、牛革

この商品の詳細はこちらこのブランド×アイテムの一覧はこちら

4-5 大容量でソフトタイプのスーツケース

アウトドアブランドのザ・ノース・フェイスから、大容量でソフトタイプのスーツケース「10498 ザ・ノース・フェイス」をピックアップしました。容量は115Lと、かなり大きめサイズです。

ソフトタイプながら、モールドパネルを採用しており、安心して使える強度に仕上がっています。マチ付きのサイドジッパーポケットも、シューズなどを入れやすく便利です。長期の旅行におすすめ、大人の冒険を楽しむのに最適なスーツケースとなっています。

10498/ザ・ノース・フェイス

商品サイズ(外寸):H90X W47 X D34 容量:155L

この商品の詳細はこちらこのブランド×アイテムの一覧はこちら

4-6 ビジネスユースにおすすめのハードタイプのスーツケース

ビジネスユースにおすすめのハードタイプのスーツケースといえば、ミレスト(MILESTO)のハードキャリーは外せません。

衝撃に強いハードタイプで、ブラック、ネイビー、ホワイト、レッド、ブラウンの落ち着いたカラー展開となっています。長期旅行にも使えるサイズ感で、コスパに優れたアイテムです。すぐに売り切れてしまう人気の商品となっているので、まずは在庫をチェックしてみてください。

MILESTO UTILITY フロントポケットキャリー キャビンサイズ ストッパー付/ミレスト

商品サイズ(外寸):H52.5X W38 X D23

この商品の詳細はこちらこのブランド×アイテムの一覧はこちら

まとめ 自分の用途に合ったスーツケースを賢く選ぼう!

ここまでスーツケースの選び方について解説してきました。どれも賢く選ぶための基本情報ばかりなので、ぜひ役立ててください。

自分の用途に合ったスーツケースを見つけることで、旅をさらに快適に楽しむことができます。マルイウェブチャネルでは、今回紹介した商品以外にも色々な種類やサイズのスーツケースがあります。お気に入りのアイテムを見つけてくださいね。ぜひ、マルイウェブチャネルでも気になるアイテムをチェックしてみてください!

この記事で紹介したアイテムの一覧はこちら

スーツケースランキング