結婚式のアクセサリー選びで気を付けるべきマナーとは?徹底解説!

結婚式のアクセサリー選びで気を付けるべきマナーとは?徹底解説!

結婚式に着ていくドレスは決めたものの、合わせるアクセサリーがなかなか決まらないという人も多いのではないしょうか。結婚式のアクセサリー選びにおいては、ドレスとの相性だけではなくいくつかのマナーにも注意する必要があります。この記事では結婚式のアクセサリーに関するマナーや選ぶときのポイントなどについて紹介します。

結婚式のアクセサリーに関するマナー

まずは、結婚式のアクセサリーに関する基本的なマナーを押さえておきましょう。結婚式のアクセサリー選びでは、次の3つのマナーを意識することが大切です。

花嫁よりも目立たないようにする

1つ目のマナーは、「花嫁よりも目立たないようにする」ことです。結婚式の主役はあくまでも花嫁です。自分は「招かれているお客さん」の立場であることを念頭に置き、花嫁と被ったり、花嫁以上に目立ったりするようなアクセサリーは極力避ける必要があります。具体的には、花嫁が身に付けるような宝石やビジューが存分にちりばめられた派手なアクセサリー、花嫁と被りそうなティアラなどは控えるべきです。

このほか、白色のアクセサリーも、花嫁がつける可能性が高いのでなるべく避けたほうが無難です。ただし、白色でもパールのアクセサリーであれば、結婚式の場に身に付けていってもかまいません。定番のパールネックレスは、どんなドレスにも合わせやすく、年齢を問わずつけやすいアクセサリーです。イヤリングやピアスもおそろいのパールにすれば、アクセサリーに統一感も生まれます。

昼と夜でアクセサリーを変える

2つ目のマナーは、「昼と夜でアクセサリーを変える」ことです。昼と夜では、服装のマナーが大きく異なります。昼の結婚式では、ビジューなどがついた光り物のアクセサリーは避けるのがマナーです。なぜならば、屋外での写真撮影の際に、太陽の光を反射して自分や周囲の人の写り具合に影響を及ぼしてしまうためです。室内でも、窓から入ってくる光を反射してしまう場合があります。そのため、昼の結婚式ではパールやサンゴなどの落ち着いたトーンのアクセサリーを選ぶのが無難です。

一方、夜の結婚式の場合は光の反射などは気にする必要がありません。むしろ、室内の照明に映えるゴールドや宝石などのアクセサリーを選ぶと良いでしょう。ただし、あまりにも存在感があるアクセサリーだと肝心の花嫁よりも目立ってしまいます。夜の雰囲気に合うシックで上品なデザインのものを選んでドレスアップを完成させましょう。たとえば、小さなダイヤがいくつもちりばめられているなど、繊細なデザインのアクセサリーは、清楚な上品さを醸し出してくれます。

指輪はつけてもよい

3つ目のマナーは、「指輪はつけてもいい」ことです。既婚者の場合、指輪をつけていいのか悩んだ経験がある人もいるのではないでしょうか。婚約指輪や結婚指輪はフォーマルなアイテムとみなされていますので、ダイヤモンドなどが飾られていても基本的につけて参列してかまいません。婚約指輪と結婚指輪がセットになっている場合は、重ねづけをして手元を華やかに見せましょう。ただし、指輪を自分から見せびらかしたり話題にしたりするのは非常識です。また、ダイヤモンドのカラットがあまりにも大きいと、自分から話さなくても周囲の注目を集めてしまう可能性があります。招待された場に本当にふさわしいものか、ゲストの顔ぶれや会場なども考慮してよく考えるべきでしょう。

婚約指輪や結婚指輪以外でも、特に指輪に関するマナーはありません。ファッションリングも派手過ぎないものならつけても大丈夫です。ファッションリングを身に付ける際、大切なのは統一感です。ブレスレットなどの他のアクセサリーと色や素材感を合わせると、全体のコーディネートがうまくまとまります。

結婚式にふさわしくないアクセサリー

結婚式にふさわしくないアクセサリーの例も知っておきましょう。まず、結婚式などのお祝いの場に腕時計をつけていくのはマナー違反にあたります。なぜならば、時計をしていることは、「時間を気にしている」「早く帰りたがっている」という連想につながるためです。アクセサリーに限った話ではありませんが、ファーやアニマル柄のものは殺生を連想させるので結婚式ではタブーとされています。ファーのアクセサリーはゴージャス感を演出してくれますが、結婚式では避けるべきアイテムです。

普段使いのネックレスやシュシュなど、カジュアルすぎるものも控えましょう。上品なドレスで決めていても、アクセサリーがカジュアルだと、全体の印象が下がってしまいます。季節感も考慮する必要があります。たとえば、秋冬のイメージが強いベロアのリボンを夏に使うのは考えものです。春ならばパステルカラーなどの爽やかな色調のもの、夏なら透け感のあるものといったように、季節にふさわしいアクセサリーを選ぶことが大切です。このほか、生花のヘアアクセサリーなども花嫁と被ることが多いので避けるべきでしょう。

結婚式におすすめのアクセサリー

結婚式におすすめのアクセサリーは、パールです。パールのアクセサリーは、派手になり過ぎることなく、お祝いの場にふさわしい上品な華やかさを演出できます。また、パールは粒の大きさや色、長さによって印象が大きく変わりますので、昼のきちんとした印象にも合いますし、夜のパーティにも使いやすいアイテムです。少しゴージャスな雰囲気を出したい場合は、印象の強い大粒パールや二連になっているものを選ぶといいでしょう。ホック付きの一連のロングネックレスを重ねて二連にするのも素敵です。従来では、パールネックレスを複数重ねるのは「結婚を重ねる」、つまり「離婚」を連想させるのでタブーとされてきました。

しかし、時代の流れの中で「喜びを重ねる」という解釈も生まれたことから、重ねづけも許容される場面が増えています。アクセサリー選びに悩む場合は、まずは定番のパールのネックレスやヘアピン、イヤリング、ブレスレットなどをコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。上品でシックな輝きを放つシルバーのアクセサリーもパールと並んで重宝されています。シルバーはビジネスシーンや普段使いでも活躍する万能アイテムですので、ひとつ持っておくと便利です。華奢なデザインのアクセサリーも、上品なコーディネートのワンポイントとしてさまざまな場面に使えます。

結婚式のアクセサリーを選ぶときのポイント

結婚式のアクセサリーを選ぶときのポイントを知っておくと失敗も減ります。まず、その会場の雰囲気やフォーマル度に合ったアクセサリーを選ぶことに重きを置きましょう。結婚式が行われる会場は、ホテルの宴会場や教会、カジュアルなレストランなど多岐に渡ります。いずれの場合でも、参列する場の雰囲気を崩さないアクセサリーを選ぶのが鉄則です。ゲストの年齢層にも配慮すべきでしょう。ゲストの年齢層が高い場合は、目上の人に好まれやすい上品でコンサバなアクセサリーをつける工夫も気遣いの一環です。コーディネートが決まったら、あらかじめ一度試着しておくと安心です。ドレスやパンプスなどとの相性を鏡で確認しながらアクセサリーを決めておくと、当日にバタバタしなくて済みます。

たとえば、華やかなドレスなら落ち着いたアクセサリーを、シンプルなドレスなら派手なアクセサリーをつけると全体のバランスが取れます。コーディネートに違和感があるときは、アクセサリーを付け過ぎているかもしれません。アクセサリーをどれか外してみると、すっきりとした雰囲気になることもあります。和服の場合は、基本的にアクセサリーはつけません。クールに見せたいときはシルバー、華やかさをプラスしたいときはゴールドなど、素材ごとの特性を意識してアクセサリーを選ぶのも効果的です。

ドレスに合わせたネックレスの選び方

ドレスに合わせたネックレスの選び方についても紹介します。ポイントは、ドレスのイメージに合うアクセサリーを選ぶことです。たとえば、黒やネイビーを基調としたクールなドレスにはシルバーのロングネックレスが映えます。反対に、リボンモチーフなどがついた膝丈のキュートなドレスには、ゴールドのショートネックレスを合わせて華やかさを強調するといいでしょう。ドレスの首元の開き方によっても似合うネックレスが変わります。Vネックのドレスには、シンプルなものや華奢なデザインのものがマッチします。

Vネックラインに沿うV字型のアクセサリーも、首回りがすっきりと見えるのでおすすめです。胸元が大きく開いたドレスに映えるのは、大ぶりなものや存在感のあるアクセサリーです。たとえば、オフショルダーのドレスの場合、アクセントのついたパールネックレスを合わせると、自然と周囲の視線がデコルテラインに誘導されます。首元がつまって見えるクルーネックを着るときには、縦の直線ラインができるロングネックレスを選んで、すっきりと見えるように工夫しましょう。

結婚式のアクセサリーはレンタルがおすすめ

結婚式のアクセサリーはレンタルするのも手です。レンタルには次のようなメリットがあります。まず、ドレスとパンプスを決めたうえで、それにもっとも合うデザインのアクセサリーを選べることです。結婚式のアクセサリーはコーディネート全体のバランスを考えて決める必要がありますが、バラバラに購入したものだとうまくマッチしないことのほうが多いでしょう。その点、レンタルサービスを利用すれば、そのときのドレスやパンプスにぴったりのアクセサリーを借りることができます。

たとえば、レンタルドレスのドレニでは、結婚式などのフォーマルな場に適したネックレスやイヤリングなど、多数のアクセサリーを取り扱っています。コーディネートにマッチするアクセサリーを購入するよりもリーズナブルに楽しむことができ、さらにレンタルなので日々の保管場所に悩む必要もありません。結婚式の機会が少ないので購入するのは気が進まないものの、毎回着飾ることを楽しみたい場合には、レンタルが大変便利です。

結婚式のアクセサリーはマナーを守って選ぼう

「花嫁よりも目立たない」「腕時計はつけない」など、結婚式のアクセサリー選びには守るべきマナーがいくつも存在します。うっかりマナー違反のアクセサリーを選んでしまうと、自分だけでなく、招待してくれた相手にも迷惑がかかるかもしれません。レンタルドレスのドレニであれば、ドレスだけでなく結婚式にふさわしいアクセサリーもレンタルできますので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。