骨格ナチュラルタイプに似合うワンピースとは?着こなしのポイントも紹介

骨格ナチュラルタイプに似合うワンピースとは?着こなしのポイントも紹介

骨格診断というものがあることを知っていますか?実は、骨格診断で分類した骨格のタイプごとに似合うファッションスタイルは異なります。あらかじめ骨格のタイプを知っておくことが、自分に似合うものを選んで着こなすことに役立つのです。この記事では、骨格ナチュラルタイプを中心に、似合うワンピースの選び方や着こなしのポイント、注意点について解説します。

骨格診断とは

骨格診断がどういうものなのかがわからなければ、自分がどのタイプに属しているかもわからないはずです。まずは骨格診断とは何なのかということから押さえていきましょう。

概要

骨格診断は、それぞれが持って生まれた肌の質感や身体のラインの特徴、関節の大きさなどを知るために行う診断です。骨格スタイル分析と呼ばれることもあります。体形は時期によって大きく変化することがありますが、骨格は基本的に変わりません。そのため、一度見極めれば、自分らしい魅力を引き出すファッションが何なのかが決まります。個々の特徴的な違いもよくわかるので、自分に似合うファッションを知りたい人は積極的に取り入れましょう。

骨格診断をすることで、自分の特徴的な部分を知り、その違いを肯定的に受け止めることができるようになります。おしゃれな人は無意識のうちに、自分の骨格や体型に合ったファッションを選んでいるのかもしれません。無意識に選ぶことがファッションセンスだとすると、それを持ち合わせているのはごく一部の人なのでしょう。しかし、意識的に選べるようになれば、誰でも似合うファッションを楽しむことができるようになります。自分の骨格的な特徴を意識することによって、より自分に合ったファッションを楽しみましょう。

3種類の骨格タイプ

骨格診断における基本的な骨格タイプは「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3種類です。骨格が異なると筋肉の付き方などにも差ができます。たとえば、ストレートタイプは、筋肉が付きやすく、肉感的でメリハリのある体形です。体に厚みがあって重心が高いところにあるという特徴があります。ストレートタイプに似合うのは、あまり装飾のないシンプルでベーシックなデザインのファッションです。素材を生かしたものがよく似合います。

ウェーブタイプは、肌の質感が柔らかく、骨が細い平面的な体つきが特徴的です。ストレートの対極にあるタイプで、体の厚みは薄く、重心は主に下半身にあります。小柄で華奢な場合が多く、背が高い場合でもスレンダーと表現されることが多い体型です。華やかでエレガントな女性らしいスタイルがよく馴染みます。

もう1つのナチュラルタイプは、骨がしっかりしていて関節が大きいがっしりとした体型です。このタイプが似合うファッションについては、後の段落でより詳しく解説します。

診断方法

自分の骨格タイプを知るためには、正しい方法で診断しなければなりません。まず、鏡の前に立ち、自分の全身をじっくりと観察します。肌や筋肉にも触れて質感を確かめてみましょう。写真を撮って記録すると、周りからどのように見えているのか客観的に分析することができ、よりわかりやすくなります。家族や友人など、第三者に見てもらっても良いでしょう。

筋肉質、どちらかといえば首が短い、下半身よりも上半身のほうががっちりしているなどの特徴があればストレートタイプです。脂肪の柔らかさが感じられる、どちらかといえば首が長い、上半身よりも下半身のほうが太いなどの特徴があればウェーブタイプに分類できます。肉感があまり感じられない、首の筋が目立つ、肩幅がありがっちりしている、顔や関節の骨がしっかりしているなどの特徴があればナチュラルタイプです。複数のタイプの特徴が当てはまるミックスタイプに分類される可能性もあります。自分が該当しないタイプに似合うファッションを避けるだけでも、洋服選びが楽になるでしょう。

骨格ナチュラルタイプの特徴

ここでは、先の段落で保留していた骨格ナチュラルタイプの特徴についてさらに詳しく見ていきます。スタイリッシュな体つきのナチュラルタイプは、重心に偏りがありません。体の厚みもストレートタイプとウェーブタイプのちょうど中間程度で、厚みよりも肩幅がしっかりしているという印象が強いといえます。身長に比べて手足が大きめで皮膚の感触は硬め、首の筋や手足の関節が目立つややメンズのようなラインが特徴です。ヒップも丸みが少なく平らで、腰回りもどちらかというと細長い印象です。筋肉質というよりは、全体的に骨や関節が大きくしっかりしているように感じられます。

そんな骨格ナチュラルタイプの女性が似合うのは、フォーマルなスタイルよりも肩の力が抜けたカジュアルなスタイルです。具体的には、ロングカーディガンやワイドパンツ、大ぶりなアクセサリーなどのアイテムとの相性が良く、四角いシルエットになるように着こなすと、すっきりときれいに見えます。麻やツイード、コーデュロイなど、質感に特徴のある素材が似合うのも骨格ナチュラルタイプの特徴です。

骨格ナチュラルタイプが苦手なスタイル

骨格ナチュラルタイプが苦手なスタイルとはどのようなスタイルなのでしょうか。骨格が他のタイプよりもしっかりしているのが骨格ナチュラルタイプの特徴です。そのため、体にぴったりフィットするスキニーパンツやカットソーなどはあまり似合いません。腰にボリュームが出てしまい、実際よりもごつく見えてしまうからです。ベーシックなデザインやかっちりとしたスーツも苦手なアイテムといえます。ただし、ジャケットのウエストが絞られていたり、生地に光沢があったりするものは、骨格の特徴を生かしてスタイリッシュに着こなせるので、選んでもかまいません。

フリルなどの可愛らしいデザインや柔らかい素材のものも、骨格ナチュラルタイプは避けた方が良いアイテムです。ふんわりとした女性らしいデザインの服は、スタイリッシュなラインが出にくいので、骨格ナチュラルタイプの持ち味を生かした着こなしができません。柔らかい素材も、がっしりした骨格が目立ってしまい、場合によっては安っぽく見えてしまうことにつながります。骨格診断で自分の骨格の特徴を理解したら、似合わない服装を避け、持ち味を生かせるスタイルを上手に着こなすことも大事なポイントです。

骨格ナチュラルタイプがワンピースを着こなすポイント

骨格ナチュラルタイプは、がっちりした骨格が目立ってしまいがちなので、タイトなシルエットやぴったりとしたスタイルは苦手です。骨や関節の大きさを目立たせないアイテムを選ぶようにしましょう。骨格ナチュラルタイプの人がスタイリッシュに着こなすなら、肩幅や関節が目立ちにくい、ゆったりとしたシルエットのワンピースを選ぶのがおすすめです。他のタイプの人が着るとメリハリが出にくいデザインですが、骨格ナチュラルタイプが着ることでこなれ感を演出できます。

ワンピースを選ぶ際には、しっかりとした厚みがあるものやマットな質感があるものなど、生地に高級感のあるものを選ぶことが大事です。骨格ナチュラルタイプの場合、体の重心に偏りはありませんが、ワンピースは下半身に重点が置かれるAラインやロング丈のものを選ぶと似合うものが見つかりやすいといえます。Iラインのワンピースを着たいのであれば、ゆったりとしたシルエットのものを選ぶのがコツです。ロングネックレスなどで、全体のバランスを取ることで似合いやすくなります。

骨格ナチュラルタイプにおすすめのワンピース

骨格ナチュラルタイプには、ケープスリーブやドレープスリーブのワンピースがおすすめです。骨格ナチュラルタイプの人は肩幅や首筋が目立つと、ごつい印象になってしまいます。その点、ケープスリーブやドレープスリーブは肩のラインを程よく隠してくれるため、エレガントな雰囲気に仕上がります。ミディ丈やロング丈など、下半身にボリュームがあるワンピースも、骨格ナチュラルタイプの欠点を隠してくれるおすすめアイテムです。IラインやAラインのワンピースは体のラインを拾いにくいので、ゴツゴツした感じを表に出したくない骨格ナチュラルタイプが着るのに向いています。

選んだワンピースのデザインがシンプルで地味すぎると感じるときは、ストールや小物で華やかさをプラスしましょう。肩や首のラインを隠しつつ、女性らしさも演出できます。カジュアルになり過ぎるときは、素材を見直しましょう。マットな生地を光沢のある生地に変更することでカジュアル感が薄れ、骨格ナチュラルタイプならではのスタイリッシュな着こなしもしやすくなります。

骨格ナチュラルタイプがワンピースを着るときの注意点

骨格ナチュラルタイプがワンピースを着るときに注意した方がよいことがいくつかあります。まず、露出の多いワンピースを選ぶと、肩などの関節が出てゴツゴツとした印象になりやすいので、首や肩の露出はできるだけ少ないものを選ぶことが大事です。あえてノースリーブタイプのものを選ぶのであれば、肩紐の幅が広いものを選ぶようにしましょう。スカート丈は膝が出ない長さにするのがポイントです。膝の関節が目立つと、全体的に脚がしっかりした印象に見えてしまいます。脚の細さを強調するなら、膝が見えないスカート丈を選びつつ、足首を見せるようにすると良いでしょう。

また、骨格ナチュラルタイプの人が体にぴったりとフィットするワンピースを着てしまうと、どうしても骨太な体つきが強調され、ゴツゴツした印象に見えてしまいがちです。体のラインを拾うデザインをなるべく避け、ゆったりとした余裕のあるシルエットのものを選ぶようにします。目立たせたくない部分を隠しながら、骨格ナチュラルタイプの持ち味を生かせるスタイルです。

自分の骨格タイプに合ったドレス選びが重要

ドレスやワンピースは、自分の骨格タイプを理解したうえで選ぶことが重要です。骨格ナチュラルタイプの人は肩幅や首筋などが目立つので、どうしても全体的にがっしりとした印象になってしまいます。なるべく首回りや肩回り、スカート丈などに注意し、体のラインが出ないシルエットにまとめるようにしましょう。そうすることで、自分にぴったり合うワンピースを選べるようになるはずです。